中国の、とあるジーンズ工場を撮影し、現代の労働問題やグローバル社会にせまるドキュメンタリー『女工哀歌(エレジー)』の最新情報をお知らせするブログ。
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Link

Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2009.06.18 Thursday 
- -
五輪は終わったけど
日本ではそこまで多く報道されていないですが、「女工哀歌(エレジー)」のミカ監督の住むアメリカで、中国体操女子選手の年齢詐称疑惑が沸騰しているようです。ある種、今回の五輪で激しくメダルを争った米国でこそ、特に注目を浴びるニュースなのでしょう。実際、16歳以下で出場していたら、それは「児童労働」とみなされてもおかしくないとも…(監督談)。

彼女たちが不正をしているかどうかは、まだ分かりませんが、最近の五輪はドーピングやらなにやらで終了後にメダル剥奪、というニュースが多いのですから。TVで芸能人が「感動」を大声でしゃべってますけど、素直に乗れないことも。(ちなみに日本の野球は、違った意味で期待に背いて、今は各メディアでやり玉に挙げられてますが)。

「女工哀歌(エレジー)」では、工場で働く少女たちが、かなり多く年齢を偽って働いている事実が出てくるので、取り上げてみました。14歳で1日18時間というのは、まあいくらなんでも常識を超えてます。



↑左の少女は劇中、14歳と紹介されます。
 目の洗濯ばさみは、長く働いても眠くならないようにするため…とのことです。
 うーん、なんとも言えません。かわいそうだけど、ちょっと笑ってしまいますが。


2008.08.29 Friday 19:32
コラム comments(0)
iphone ガール?
さきほど、色々な方から「このニュース知ってる?」とメールが送られてきたのですが、何かと思ってみてビックリ!
iphoneガール」と言われて、大きな話題になっているようです。

これ、自分が作っている欧米向けXLサイズのジーンズを「一体どんな大きな人がこれを履いているんだろう?もしこのジーンズを買った人がいたら、私におしえて。」とポケットに、自分や友達のことを書いた手紙をしのばせる少女の日常を描いた「女工哀歌(エレジー)」そのまんまです。

おそらく製造側にとってみれば、あまり面白くないことでしょうし、この少女のしたことも微妙なことではありますが、このiphoneを買った男性の興奮した気持ちは、私にも分かる気がします。逆に言うと、現代ではそういうハプニングでもないと、食品と違って、なかなかそれを作っている人のことまで想像することはないです。

この映画はドキュメンタリーですが、あくまで映画なので…と前置きした上での話ですが、この映画の少女も、かなり困難な労働を強いられているんですが、なんというか「沈んでいない」のです。それぞれ夢や希望もあり(彼氏を作ったりとか)、日本のフツウの若い人とも変わらず親近感が沸いてくるという…。

もちろん、実際には低賃金とか児童労働の問題などもありますが、そうしたことを知る入り口としても、こうしたハプニングや映画があってもいいと思いました。ipodに関しては、こんなニュースも2年前に報道されていたようですので。このニュースにある中国の「深釧(しんせん)」は、「女工哀歌(エレジー)」のジーンズ工場がまさにある町です。




2008.08.28 Thursday 20:29
コラム comments(0)
女工哀歌(エレジー)ブログ、開設しました
映画「女工哀歌(エレジー)」ブログ開設しました。
東京では9月27日(土)から、渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショーとなります。このブログでは最新ニュースなどをお届けしていきたいと思います。



2008.08.21 Thursday 19:22
コラム comments(0)
1/1PAGES